展示室クリエーターの使い方

(使い方の概要は、アプリの❓ボタンで説明しています)

(B 拡張現実での展示会の使い方こちらをご覧ください)

A 仮想空間での展示室

0 モードの切り替え
1 部屋の新規作成と、既存の部屋への入室
2 作品の作成(写真を額縁の中へ)
3 作品の出力
4 作品庫での操作
5 作品を展示室に掲示する
6 掲示した作品の削
7 掲示した作品の大きさ変更
8 作品の説明ラベル作成と表示
9 掲示した作品へのスポットライト
10 部屋の拡張
11 部屋間の壁を撤去する
12 部屋の色を変更する
13 部屋の明るさを変更する
14 展示室内の移動
15 スライドショー
16 動画の作
17 BGMの変更
18 各種設定
19 他のデバイスとのデータ共有

仮想空間での展示室の主要な画面は以下の通りです。

  1. トップ画面
  2. 展示室一覧 → 作成した展示室の一覧です。ここから入室や他のデバイスとのデータの共有ができます。
  3. 展示室 → メインの画面となります。ここから作品保管庫や額装室に移動できます。
  4. 作品保管庫 → 作成した作品が一覧表示されます。他室から一括コピーもできます。
  5. 額装室 → 写真などを額縁に入れて作品として完成させます。

Author: muusophia

1 thought on “展示室クリエーターの使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + 4 =